第14回「ピラミッド製造シミュレーション研修」認定インストラクターブラッシュアップ交流会開催報告

 第 14 回交流会につきましては 、昨年に引き続き今年も新型コロナウィルス感染拡大防止のため、オンラインで実施致しました。
参加された皆様が、この環境下でどのように研修を実施されているか等、実施事例をご発表いただくなど、有意義な情報交換の場となりました。

簡単ですが、以下にご報告申し上げます。

  1. 開催日時:2021年 7月  1日(木)13:00~15:30
        :2021年 7月13日(火)13:00~15:30
  2. 参加企業:16社(23名様)
  3. 参加者のご報告、ご意見等(抜粋)

 

【実施報告】

  • 4月導入研修の予定を8、9月に変更して実施。部署で仕事を経験したうえでの研修を体験することになり、それが功を奏して自分の部署での仕事と紐づけが出来ていた。
  • コロナ禍でも途切れることなく実施をしている。長年PPSを実施する中で、同じ研修を継続して同じ層に行う中で、世代ごとの特長を実感する機会となる。
  • 主に新入社員を対象に4年連続で実施し、中堅社員に実施する際は財務諸表の講義を前段階として行ったうえでPPSを実施している。
  • 昨年8月の末に海外研修生21名を対象に実施。一般社員の研修はほぼオンラインだったが、海外生は寮生活の為 、厳しくコロナ対策を行なったうえで、実施する事ができた。
  • 品質基準が厳しいため不良品が多く、品質以外のテーマを学びとれているか懸念されたため、条件を緩和し良品が多く出るようにするなど対応した。
  • 次世代リーダー育成の中にも2年間の研修プログラムの一環としてPPSを取り入れた。
    昇格がある等、環境の変化があるときに業務のおさらいとして取り入れるようしている。

 

【コロナ感染対策への取り組み】

  • 受講者間に衝立を設置し、道具のやりとりのため下の部分が開いているような形に工夫。
  • 扉をあけて外向きに扇風機を回し、換気を促す。
  • 広い会場を使用し、5台の机を組み合わせて受講者同士の間隔をあける。
  • PCR検査を行ったうえで集合研修を実施。
  • 手指のアルコール消毒を頻繁に行う。
  • マスク、フェイスシールドの使用。

 

【東京理科大学ビジネスシミュレーションご案内】

東京理科大学オープンカレッジの講座としてリモート版ビジネスシミュレーションを体験できます。1日版の短縮バージョンではありますが、ご興味のある方はぜひご参加下さい。お申し込みは東京理科大学HPよりお願い致します。

https://web.my-class.jp/manabi-tus/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=383348

 

以上

 

 お忙しい中ご参加いただき、誠にありがとうございました。コロナ禍はまだまだ出口がみえないところではございますが、そのような状況下でも皆様工夫をされ研修に取り組まれているご様子を伺い、励まされる思いでございました。
 いち早く元の生活に戻ることをお祈りしますとともに、今後ともご支援、ご協力賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 

次の記事

夏季休業のお知らせ