コンサルテーション

個々の企業に必要な人材像を皆様と一緒に考え、真に必要な教育ニーズを掘り起こし、それにあった教育研修プログラムを開発・ご提供したします。

人材育成のコンサルティング

弊社では、企業の教育担当者と話合う中で、企業の問題点を抽出し、その問題に対処するための独自の人材育成プログラムの開発・設計を手掛けています。

現状分析と教育ニーズの掘り起こし

担当者とのミーティングで、今企業が最も解決すべき課題を洗い出します

課題解決のための人材育成プログラムの策定

その課題に対し、企業理念や風土を踏まえ、どう解決のアプローチを取るべきなのか、課題解決に向けたコンセプトを設計します

研修プログラムまたは学習方法の開発

教育対象者に、設計したコンセプトをいかにわかりやすく伝え、身に着けて頂くかを考え、最も効果的な研修プログラムまたは学習プログラムを開発します

研修実施

研修プログラムまたは学習プログラムに対応した専門知識を持ったプロの講師が研修または指導を行ないます

研修フォロー

研修や学習で得たものを、単に個人の知識習得だけで終わらせないで、現場の活動へ広げるための事後施策を展開します

体験学習研究会

研修の組み立て方、研修諸技法の使い方を習得します。人事担当者の方々が社内の教育研修を企画、開発、実施、運営する際の基本的考え方や方法を、共に学ぶ研究会です。

研修目的に応じた研修の設計開発の方法、講義法やグループ討議法、体験学習法などの研修諸技法の使い方、研修効果の捉え方などがテーマです。人材育成が声高に叫ばれている現在、従来から行われていきた集合研修を漫然と実施してよいわけではありません。効果的な集合研修を企画、開発、実施する際のポイントをおさえて、人事教育担当者が集合研修を吟味できることが求められています。

企業内研修の考え方を学ぶ
代表的な研修技法を知る
体験学習法を身に付ける

研修計画の考え方と設計の仕方を学ぶ
研修設計演習

メンター養成

新入社員育成のための知識・スキルが身につきます

いま、多くの会社で 新入社員の育成と職場定着 が、人材開発マネジメントの緊要な課題として取上げられています。若手の獲得競争が激しくなり採用コスト(費用と労力)が増す中で、入社後短期間で退職する多くの新入社員がいることや、上からの“指示待ち”社員のままでいつまでもいることは、会社にとって大きな負担となっています。

先輩社員が新入社員の指導育成を効果的に行うには…..

・指導育成の目的や育成担当としての役割を理解する(育成意識)

・指導育成に前向きで、やる気をつ(育成意欲)

・何を、どのように指導育成すればよいかを知っている(育成知識・スキル)

・いつまでに、何をどの程度まで育成するかという見通しを持っている(育成計画)

メンター養成セミナーは、育成担当者がこうした点についての理解を深め、習得を進めるために企画したものです。

コミュニケーション

組織内に協働的で建設的な人間関係を作り上げるための対話の技術を伸ばす。

ビジネスパーソンのコミュニケーションは、職場の基本条件である「共有する目標の達成を目指してメンバーが協力しあうこと」を促進するものでなければなりません。そのためには、メンバー間で目標の段取りや役割などを共有する事と、メンバー各自の想いや考え、価値観を共有する事が必要とされます。本研修では、簡単なようで意外と難しく、日常では訓練されることの少ない校舎についてのコミュニケーション(⁼共有する)方法を学びます。

期待効果
◆相手も自分も大切にする姿勢を養う

コミュニケーションの基本は、相手を理解し、自分を理解してもらう事です。たとえ双方の主張が衝突しても双方満足のいく解決策を見出すための、コミュニケーションの考え方と方法について学びます。

◆さまざまな状況下でのロールプレイを学ぶ

職場で直面するコミュニケーション場面を例にとった様々なロールプレイ、ディスカッションをもとに体験的に対話技術を養います。今までの自分には持ちえなかった他社の意見を理解し吸収する事、また改めて自身を自覚する事が狙いです。

問題分析法「SI法」*を学び、経営者や管理者を対象に、すでに発生している問題 だけでなく、将来起こりうる問題について、的確・迅速に対応するための思考方法を身につけていただきます。

(1)問題を発見するための手法(SI法)を学びます。

(2)問題を3つの種類(発生型、探索型、設定型)に分類します。

(3)原因を洗い出します。

(4)原因を4つの種類(入力、制約条件、プロセス、外乱)に分類します。

(5)戦略的な解決策を立案します。

*SI法とは自己啓発協会会長、帝京大学名誉教授 佐藤允一氏が1977年に発表した「問題構造化」の理論を発展させた国際的にも高く評価されている問題分析法です。

私たちは問題解決の権威、自己啓発協会を応援しています!

人づくり歩行ラリー研修(屋外研修)

一人ひとりが自らの業務や職場の課題を仲間と共に愉しみながらとことん「See, Think, Plan, Do(観察、洞察、仮説、実証)」して解決していく人財(創造型の変革人間)作りと、さらにこうした人財で構成される管理不要の自立・自律集団(プロフェッショナル型組織)作りを、研究会活動を通じて進めています。