ビジネスの基本を学び、現実の成長につなげます。

“製品企画から販売までのビジネスモデルの模擬体験(シミュレーション)”を通して、提案型ビジネスや仕事の進め方の基本を体験的に学びます。各チームを製造・販売を行なう1つの会社にみたてて経営競争を行ない、演習を通してP.D.C.A.サイクルを回すことで、現実の行動を見直し成長につなげることを目指します。

期待効果

1仕事の進め方の基本を学ぶ

グループでの製造から販売までのビジネスモデルの模擬体験を通じて、P.D.C.A.サイクルや報告・連絡・相談の必要性を学びます

2ものづくりの本質と仕事の基本を理解する

品質意識・コスト意識・効率意識・改善意識・安全意識を持って仕事を完遂することの必要性を体験的に理解出来ます

3利益意識・コスト意識を仕事に活かす

利益のしくみ=損益分岐点とコストの関係を再認識することで、利益意識・コスト意識を持って仕事に取り組むことの重要性を理解する

概要

研修名
ビジネスシミュレーション

対象
入社7年目~15年目程度

所要時間
17時間程度(2日) *ご相談に応じてカスタマイズ可能

オンライン対応
可能

特長

主体的に学べる

研修を進める上で受講者は、”受講”ではなく、参加 せざるを得ない状況に置かれ、聴講型の講義では得る事の出来ない経験から学び取る体験が出来ます。

体験を現実の行動、将来の成長につなげる

研修で体験した内容を一般化し、現実の業務へと還元します。

受講者間のコミュニケーションが 活性化する

報告・連絡・相談を行わないと前に進めない場面が多くあり、組織内でのコミュニケーションの重要性を理解できます。

研修の流れ

STEP1 財務諸表とは
STEP2 会社設立
STEP3 経営活動と決算

バック製造会社を設立し、経営競争を開始します。製品の企画から販売、決算までの企業活動を模擬体験します。
顧客情報に基づき製品企画を行ないます。製品をイメージし、設計・材料・作業手順を検討します。
チームで同一規格の製品を生産するため、作業手順書を作成する品質仕様書を作成します。

STEP4 決算演説
STEP5 結果解説
STEP6 フィードバック

自社製品の優れている点、品質を顧客にアピールし、評価が高い順に販売価格が決定されます。
損益計算書の作成し、決算の結果を行ないます。自社が会社責任を果たしているか振り返ります。
体験した内容を解説し、抽出した学習要素を、知識として定着させ、現実の行動、将来の成長に繋げます。

◇STEP2~STEP6 の演習を繰り返します。

受講生の声

新入社員・技術職

モノづくりの会社の中身 (設計、開発、生産技術、 品質管理、財務、生産)を体験することが出来ました。会社のなかで生産技術の役割、重要性を改めて感じました。

新入社員・営業職

開発から製造、販売までの、それぞれの段階において、どのような業務が行われて、どのような点に気を遣いながら、メーカーというものが成り立っているのか学ぶことができました。

新入社員・研究職

現在は基礎研究に携わっており、品質保証には関わる資格がないと言われていましたが、その意味が分かりました。品質を保証するためにきちんと手順を踏んで出荷しないといけないことを理解ました。

お問い合わせ、資料のご請求

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

TEL 03-3261-3612