株式会社 経営開発協会 シミュレーション研究所 シミュレーションメソッドを使用した教育研修を40年にわたって実践、30万人以上の方々が受講されています。これからも企業の人材育成をお手伝いしていきます。
研修コース 会社概要 経営理念 講師紹介 個人情報保護方針 研修資料請求 お問い合わせ
経営シミュレーション研修 P.P.S.(ピラミッド製造シミュレーション)研修 財務研修 メンター養成セミナー 体験学習研究会 その他のサービス
トップページ > P.P.S.(ピラミッド製造シミュレーション)研修
ピラミッド製造シミュレーション研修 (PYRAMID PRODUCTION SIMULATION)
会社と仕事の仕組みが体験的に学びとれる、面白くて分りやすくて役に立つシミュレーション研修です!
 企業(工場)活動とはどういうものか、仕事とはどういうものか、大切にすべきことは何か、どうすればうまくいくのか、など企業人として知っておきたいことは様々にあります。こうしたことを正しく理解するためには、種種の活動を実地で経験し、学びとることが最もよい方法でしょう。しかし、時間的、物理的などの様々な制約で実地経験は不可能であることが多いものです。
 この研修では、企業活動の模擬(シミュレーション)体験を通して、企業活動の仕組み(Q・C・D・Sやチームワーク など)の深い理解を導きます。さらに、学んだことの日常業務への反映を促します。

*「ピラミッド製造シミュレーション研修」は(株)経営開発協会シミュレーション研究所のオリジナル研修です。
  模倣、類似のものが販売されておりますが、弊社とは一切関係ありません。


期待される研修効果

  1. 企業(工場)の仕組みや仕事の流れを理解できます。
  2. ものづくりの大変さとやりがいを体験できます。
  3. 品質管理(Q)、コスト(C)、納期(D)、安全(S)の大切さへの気づきが深まります。
  4. 損益計算のしくみや利益管理の方法が理解できます。
  5. 役割を果たすことやチームワークの重要性、リーダーシップの効果を認識できます。
  6. 創意工夫や計画(生産会議、仕事の段取り)の大切さを体験できます。
  7. 企業の社会的責任(収益性、公益性、公共性)を果たすことの重要性がわかります。
ページのトップへ

研修の概要

(1)
6名1チームのピラミッド製造会社を数社つくり、製品の設計、材料の仕入れから製造販売、決算までの企業活動を模擬的に体験しながら、経営競争を行う。
→ (2)
特殊鉄板(現実には画用紙)を購入し、これを切断、溶接して製品「ピラミッド」(四角錘)を製造する。
→ (3)
発注会社に良品(規格、検査基準に合格したもの)を発注数、納期までに納入しなければならない。
  ↓
(6)
販売の結果は損益計算書で評価し、その原因を分析するとともに、他社とは経常利益を競う。
→ (5)
工場長のリーダーシップの下にチームワークを発揮して製造にあたる。
→ (4)
品質検査で不合格になれば、割り増しコストをかけて再納入することが求められる。
↓  
(7)
製品設計図や材料購入量の決定、材料取り、各人への作業配分、製造作業の工夫改善、流れ作業のレイアウト、品質検査、納入、予算化などの要素がうまくかみ合わないと、競争には勝てない。

ページのトップへ

研修の特長

誰もが夢中になる演出
知恵を出し合って設計し、手作業で製品(ピラミッド)を作り、納期内に納入させるなど実際の企業活動さながらの臨場感があり、楽しく夢中になって参加することができる構成・演出になっています。
完成された体験学習方式(行動することにって自ら学ぶ・気づく)
体験学習プロセス( Do-See-Think-Plan )をしっかり押さえ、体験を深い洞察に導き、学習の効果が単なる知識にとどまらず意識の部分にまで及びます。
高い汎用性
「経営」の要素が随所にちりばめられており、新入社員から監督者までいろいろな目的・ねらいに応じて適用することが出来ます。


受講された方々の声
「良い品質とは、作り手ではなくお客様が決めるもの」という言葉がとても心に残った。
仕事のサイクルを事実にもとづき繰り返し回すことで、問題が発見され、改善されることを実感した。
会社全体として“儲け”の出方をみたので、経常利益や営業利益などの考え方がよく分った。
QCDSを究めることに終わりがないことが身にしみて分った。
チームとしての仕事には、他者の考えを聞き咀嚼し、自分の考えを述べ理解させ、全員で役割や行動を決定することの重要性を学んだ。

ページのトップへ

第13回「ピラミッド製造シミュレーション研修」 認定インストラクター ブラッシュアップ交流会 開催報告

 第 14 回交流会につきましては 、昨年に引き続き今年も新型コロナウィルス感染拡大防止のため、オンラインで実施致しました。
参加された皆様が、この環境下でどのように研修を実施されているか等、実施事例をご発表いただくなど、有意義な情報交換の場となりました。
 簡単ですが、以下にご報告申し上げます。

  1. 開催日時:2021年7月  1日(木)13:00〜15:30
        :2021年7月13日(火)13:00〜15:30
  2. 参加企業:16社(23名様)
  3. 参加者のご報告、ご意見等(抜粋)


    【実施報告】
    • 4月導入研修の予定を8、9月に変更して実施。部署で仕事を経験したうえでの研修を体験することになり、それが功を奏して自分の部署での仕事と紐づけが出来ていた。
    • コロナ禍でも途切れることなく実施をしている。長年PPSを実施する中で、同じ研修を継続して同じ層に行う中で、世代ごとの特長を実感する機会となる。
    • 主に新入社員を対象に4年連続で実施し、中堅社員に実施する際は財務諸表の講義を前段階として行ったうえでPPSを実施している。
    • 昨年8月の末に海外研修生21名を対象に実施。一般社員の研修はほぼオンラインだったが、海外生は寮生活の為 、厳しくコロナ対策を行なったうえで、実施する事ができた。
    • 品質基準が厳しいため不良品が多く、品質以外のテーマを学びとれているか懸念されたため、条件を緩和し良品が多く出るようにするなど対応した。
    • 次世代リーダー育成の中にも2年間の研修プログラムの一環としてPPSを取り入れた。
      昇格がある等、環境の変化があるときに業務のおさらいとして取り入れるようしている。


    【コロナ感染対策への取り組み】
    • 受講者間に衝立を設置し、道具のやりとりのため下の部分が開いているような形に工夫。
    • 扉をあけて外向きに扇風機を回し、換気を促す。
    • 広い会場を使用し、5台の机を組み合わせて受講者同士の間隔をあける。
    • PCR検査を行ったうえで集合研修を実施。
    • 手指のアルコール消毒を頻繁に行う。
    • マスク、フェイスシールドの使用。


    【東京理科大学ビジネスシミュレーションご案内】
    東京理科大学オープンカレッジの講座としてリモート版ビジネスシミュレーションを体験できます。1日版の短縮バージョンではありますが、ご興味のある方はぜひご参加下さい。お申し込みは東京理科大学HPよりお願い致します。

    https://web.my-class.jp/manabi-tus/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=383348
以上




 お忙しい中ご参加いただき、誠にありがとうございました。コロナ禍はまだまだ出口がみえないところではございますが、そのような状況下でも皆様工夫をされ研修に取り組まれているご様子を伺い、励まされる思いでございました。
 いち早く元の生活に戻ることをお祈りしますとともに、今後ともご支援、ご協力賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

ページのトップへ

P.P.S.研修関連フォームダウンロード



ページのトップへ

資料請求・お問い合わせ

資料請求  お問い合わせ
「P.P.S.研修」「P.P.S.海外研修」に対するお問合せ及びご相談は上記のお問い合わせフォームか下記宛にどうぞ。
株式会社 経営開発協会 シミュレーション研究所
住所:東京都千代田区三番町24-25 三番町TYプラザ2F
電話番号:03-3261-3612 FAX番号:03-3261-7365  メールはこちらメール送信からお送りください
ページのトップへ

トップページへ戻る
Copyright:(C) 2008 The Institute of Simulation All rights reserved.